ボート免許で必要な人命救助知識

ボート免許の実技試験では、水落者を見つけた際に救出するための技能も試験に含まれています。ブイを水落者に見立てて、実際に遭難者がいる部位に近づいて安全を確保しつつ救出するという一連の動作をしなければなりません。実技試験の人命救助で押さえるべきポイントはいくつかあり、1つでも忘れてしまうと試験に不合格になってしまうので注意が必要です。

ボート試験の人命救助で押さえておくべきポイントですが、基本は最短距離・時間で遭難者がいる部位に向かう方法を考えます。水流や風向きの状況によっては、必ずしも距離が最短になるコースを選べば良いとは限りません。安全を考慮して、風下の方向から水落者がいる向きにアクセスするようにします。風下から近づく理由は、スクリューを遭難者に向けないようにするという目的があります。

水落者に向かう方向を決めたら、見失わないようにして現場に向かいます。船は常に流されているので、船体が移動する距離や速さを考慮しながら少しずつ水落者に近づけるようにします。現場に近づいたら必要に応じて前進と後進を繰り返しながら、微調整して船体を移動させるます。

水落者のすぐ近くに来たら、レバーを中立に入れてスクリューを完全に停止させる必要があります。スクリューが回っていると、巻き込まれてしまう恐れがあるからです。スクリューが惰性で回っている場合には、僅かに後進をかけるなどして完全に停止させてから中立に入れます。

水落者の救助をする方向は左舷または右舷のいずれかで、必ず船体の舷側から船に引き上げるようにします。要救助者(試験ではブイ)を安全に確保したら、人命救助については完了です。

ボート免許試験の実技試験では、人命救助の際にしっかりとポイントを押さえているかどうかが審査の対象になります。風向きや水流を考慮した上で、最適な方法で近づくための判断力が求められます。無風で水面が穏やかであっても船は常に流されているので、船体の動きを考慮しながら要救助者(ブイ)に近づけるように練習をしましょう。水落者にとっては、回転するスクリューが凶器になります。そのため、確実に回転を止めた状態でレバーを中立に入れてから救助活動をおこなわないと減点対象になるので注意しましょう。

実際に水落者を救助するようなケースは滅多にありませんが、ボート免許の実技試験では人命救助は非常に重要な項目のひとつです。離岸・接岸と同じくらい大切な技術なので、実技試験を受ける場合はしっかりと練習をしておくことが大切です。